カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

旨くて高糖度!長崎県佐世保のながさき西海ブランドみかん特選「味っ子」!!(5kg)

  ながさき西海は、温暖な気候と豊富な太陽に恵まれている長崎県は北部に位置しており、こちらの「味っ子」は、ながさき西海ブランドみかん(させぼ温州みかん)のひとつで、通常糖度が10度以上で、みかんは「甘い」と感じられますが、ながさき西海みかん『味っ子』は、最低糖度13度が基準になっています。                                                                                                    味っ子みかん

旨くて高糖度!長崎県佐世保のながさき西海ブランドみかん特選「味っ子」!!(5kg)

価格:

10,000円 (税込)

1箱(5kg):
サイズ:M:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

  「させぼ温州みかん」とは、昭和50年に、佐世保の尾崎さんのみかん畑で、枝変わりとして偶然発見され、現在のながさき西海ブランド高糖度みかんの品種です。                                                                 「させぼ温州」は、全国で広く栽培されている宮川早生の突然変異で、病気に弱く、栽培は難しく、まずはウイルス感染をなくし、その後多くの試行錯誤がなされ、平成8年にようやくながさき西海の蜜柑畑に『させぼ温州』が定着しました。                                                                                                                                          遠めに見ても、「させぼ温州」はわかります。濃い緑の小さめ葉が盛んに茂り、それも天に向かって伸びているさまは、まるでヤマアラシのようです。葉は濃い緑で1個の実に対して葉が多いほど、光合成の生産物が蓄積されます。つまり、葉っぱが密集するほど強力なみかんを生みます。特に、「させぼ温州」は高糖度、そして濃厚なうまみが特徴で、栽培は難しいものの、その潜在能力は極めて高いみかんです。                                                                                        味っ子みかん                                                                     ★ながさき西海みかんでは、ブランドごとに栽培園地を区分けして管理をしています。                                                                   各みかん園地がどのブランドを栽培するかを申請登録し、それぞれのブランドに応じた栽培方法が厳しく定められています。 さらには、資材の面積供給、シート被覆の確認、品質調査、現地審査等の定期的な品質チェックを受けることで、ブランドとしての品質管理をも徹底しています。 味っ子みかん                                                                 ★ながさき西海ブランドみかんの特徴は、栽培方法の工夫にもあります。                                                                         そのほとんどに白いシート(マルチ)が被せられていることです。このシートの役割は大きく分けて2つあります。                                                                ひとつは雨が直接みかん畑に浸み込むことを防ぎ、高品質みかん作りに影響が大きい水をコントロールする役割です。                                                               もうひとつは、このシートを被覆することによって、太陽の光を地面から反射させ、赤みが強い、バラツキの少ない内容の高い果実がつくられます。                                                                     西海みかんはシートマルチ被覆率が90%を超え、ほぼ、全てのみかん園地の水分コントロールすることでより質の高いみかん作りを目指しています。                                                                                                 ★さらに、西海のみかん畑にも大きな特徴があります。                                                         人工的な傾斜と雨水の流れる溝、そして、みかんの木の列の横間隔が広いことです。                                                                       この2つの特徴の意味は、傾斜と溝により、雨が降っても、畑に浸み込む量が減り、マルチによる被覆効果を高めます。また、列の幅が広いので、みかんの木に十分過ぎるほどの日射量が確保できます。もちろん、作業用のトラックなどが、直接みかん畑に入ることができるので、作業効率も飛躍的に高くなります。ただし、結果的に、単位面積当たりの収量は落ちますので、量を犠牲にして、味を取っていると言えます。

★西海みかんでは、味に旨みがあるみかんを作る為に、魚粉を中心にした100%有機肥料とかき殻を施して、肥料にも徹底的にこだわっています。さらに、各農家が好きな肥料を使用せず、味のバラツキをも無くすため、最適な統一した肥料の使用をも徹底しています。                                                                                                味っ子みかん                                                                                               ★最後に、平成19年に完成した最先端技術を集めた選果所で、西海みかんの品質管理をさらに高めています。                                                 先ずは各農家が収穫したみかんが選果所の1階に集まり、2階の直線で100メートル近いラインの選別システムに送られます。もちろん、この時点で既に各農家は厳しい選別基準に基づき、合格したみかんだけを集荷しています。                                                   第一に、人間の目で規格に達しないみかんを弾き、最初の光センサーで糖度と酸度をチェックします。次のカラーグレーダーには4台のカメラが搭載されていて、みかんの4方向を瞬時に撮影します。そして、最後には2台のカメラが搭載され、みかんをカメラの手前でひっくり返し、4台目のカメラで写っていない2方向を写し、みかんは完璧には裸にされ、仕分けの流れに乗ります。つまり、色・形・重さ・傷、もちろん、糖度と酸度により、西海みかんは徹底して選別されます。                                                                                   味っ子みかん                                                                                             各種基準をクリアーし、品質合格したものだけを西海ブランドみかん「味っ子」として、全国の皆さまに送られます。                                                                                                                         ★☆★さらに、当店で選り抜いた特選のお蜜柑だけをお詰めしています。★☆★                                                                           今年の美味しいみかんは、一年頑張った西海ブランド「味っ子」をお召し上がり下さい♪♪

ページトップへ