カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

HOME > 【お菓子】 > 和菓子

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜3件 (全3件)

宿木

懐かしい京菓子!昔ながらの素朴な和菓子”宿り木”!!

450円(税込)
こちらの和菓子「宿木(やどりき)」は、昔ながらの懐かしい一口サイズの羊羹を乾燥させてお砂糖をまぶした、上品な京菓子です。

「宿木(やどりき)」は、出来上がるまで、すべて手作業で行われます。
まず羊羹を練って一口タイプに切りわけて、二日間乾燥させてから、その上にお砂糖をかけてと、とても手間がかかる作業でお作りしています。

年配の皆さまには懐かしく、若い方には珍しい、昔ながらの素朴な味わい、懐かしい自然な甘さを大事にしている「宿木(やどりき)」・・・職人さんの技が冴える、素朴で昔懐かしい昭和の味をぜひご堪能ください。
松露
ありがとうございます。販売終了いたしました。

懐かしい半生京菓子!昔ながらの素朴な和菓子”松露”!!

450円(税込)
こちらの和菓子の「松露(しょうろ)」は、形はきのこのショウロに似ていますが、中はこし餡(あん)に白い砂糖の衣をまとった、半生タイプの上品な京菓子です

「松露(しょうろ)」は、木箱に中身の餡の形を作って、一つ一つ宝石のように丁寧に並べられて丸一日かけて乾かし、続いて、蜜(砂糖の衣)をくぐらせてからまた乾かすのに丸一日ととても手間がかかる作業でお作りしています。

年配の皆さまには懐かしく、若い方には珍しい、昔ながらの素朴な味わい、懐かしい自然な甘さを大事にしている「松露(しょうろ)」・・・職人さんの技が冴える、素朴で昔懐かしい昭和の味をぜひご堪能ください。
豆板

懐かしい豆板!昔ながらの素朴な”うえむらの岩納豆”!!

390円(税込)
岩納豆(豆板)とは・・・16世紀に南蛮渡来の砂糖菓子の中に、煮た砂糖の中に炒った大豆を入れて固めたものを板状に切り分けられたお菓子「豆板(まめいた)」と呼ばれていたのが始まりで、溶かした砂糖で甘納豆を固めたものを「岩納豆」と呼んでいます。砂糖で甘納豆を固めたその姿が岩に見えることから「岩納豆」と名づけられたとか・・・まだ地域によっては、「岩納豆」とも「豆板」とも懐かしい愛称で呼ばれております。
年配の方には懐かしく、若い方には珍しい、昔ながらの素朴な味わい、懐かしい自然な甘さを大事にしている「うえむらの岩納豆」・・・
職人さんの技が冴える、素朴で昔懐かしい昭和の味をぜひご堪能ください。

1件〜3件 (全3件)

ページトップへ